Skip to main content

ワットポーマンクナラム

ロハプラサートはワットラチャナートダーラムの敷地内にあり、「金属の城」としても知られています。 1846年にラマ3世の後援の下に建てられ、インドとスリランカの他の2つの同様の寺院に触発されました。

ロハプラサート寺院は、高さ36メートルの建造物で、37の金属製の尖塔があり、啓発につながる37の美徳を象徴しています。このサイトの最高レベルには仏の遺物があります。ロハプラサートは、今日存在する複数の床と正方形をベースにした建築の唯一の寺院です。ロハプラサートは、インドの起源からの用語で、僧侶の宿舎として使用された、複数階建ての正方形ベースの構造を指します。建造されたことが知られている建造物は3つだけで、現在のところ唯一の建造物はバンコクにある建造物です。

少額の入場料で、この素晴らしい建築作品を探索できます。復元の過程を経た寺院には豊かな歴史があり、魅力的な路地を作る柱の間を歩くと良く分ります。

その独自性により、ロハプラサートはユネスコに提出され、世界遺産に登録されました。寺院にはまだその称号が与えられていませんが、それでも建築の最も優れた作品の1つであり、バンコクの街並みの中で独自の注目すべき場所を持っています。

323 ถนนสาธุประดิษฐ์ ซอย19 10120 กรุงเทพมหานคร Thailand

+66 2 211 2363

上に戻る