Skip to main content

ワットベンチャマボーピット(大理石寺院)

通称マーブルテンプルと呼ばれるワットベンチャマボーピットは、息をのむような驚くべき光景です。真のタイ建築様式で建てられたこの寺院は、国内で最も有名な崇拝場所の1つです。

タイの崇拝地に関する限り、これは最近追加されたものの1つです。このタイの建築の美しい作品は、イタリアのカララから輸入された細かい大理石を使用して広範囲に構築されました。

宮殿の柱、中庭、入り口を守る2頭のライオンは、すべてカララ大理石で造られています。インテリアには、金と漆の装飾的な梁、全国のさまざまな仏舎利塔の豪華な絵画が内壁に飾られています。

寺院内には、スコータイスタイルで設計された大きな仏像があります。 1920年に鋳造されたもので、タイ北部のピサヌローク内に含まれているプラ​​ブッダチンナラートのレプリカです。

有名なチュラロンコン王の灰が彫像の下に置かれました。寺院内には別のギャラリーがあり、50を超える仏像のコレクションがあり、それぞれが独自のポーズをとっています。寺院を訪れるのに最適な時期は、2つの有名な祭がここで開催される2月または5月です。

69 ถนน พระรามที่ 5 10300 Krung Thep Maha Nakhon Thailand

+66 2 280 2273

上に戻る