Skip to main content

チャトリウムでは食とサービスに携わるスタッフ全員にサーブセーフフードハンドリングプログラムの受講を義務図けております

世界がコロナウイルスの終息へ向かっている中、旅行の再開を考えているお客様の一歩先を進むことを念頭に置いております。したがってチャトリウムプロミスイニシアチブと共に安全衛生プログラムを一段階引き上げております。 チャトリウムはすべてのオペレーションに対し“新しい常識“のソーシャルディスタンシングガイドラインを身に付けるよう促しております。私どもは地元のみならず、諸外国の様々なパートナーや専門者機関と協議をし、我々の施設における、業界標準を超える最新の安全衛生基準をお約束します。 チャトリウムがチャトリウムプロミスの一部として、全米レストラン協会認定のServSafeによる新しい食品取り扱いプログラムを導入致しました。このコースは、基本的な食品の安全性、個々の衛生状態、二次汚染とアレルゲン、時間と温度、およびクリーニングと衛生を含む5つの主要コンポーネントをカバーし、各スタッフのコースの終了を義務図けております。 これまでに、250人以上のチャトリウム従業員がプログラムを終了いたしました。私たちの目標は、すべての関連スタッフが認定を受け、お客様に自信をもってチャトリウムをお気に入りのホテルとして選んでいただけるようにすることです。
กลับไปด้านบน